So-net無料ブログ作成

これだけは教えたくないいかの塩辛作り方 [レシピ]

皆様おはようございます。ほんじつは自家製しおからの作り方です。

材料 いか(新鮮な真いか)5杯・塩・みりん・酒・醤油

 作り方 いかの肝を破れない用に身から取り出します肝のほうは目のやや上から切ります。身のほうは開いて内側についているあらをきれいに洗い流して下さい。(皮無しの塩辛がよいかたはここで皮をむいて下さい)。これでいかが3つの部分に分かれました。つぎにざるを用意して、いかの身。げそ。肝にそれぞれかるく塩を振り冷蔵庫で一晩ねかせます。その時にサルの下にボウルまたはバットを敷いて置いてください。(冷蔵庫が汚れてしまいますので)

一晩ねかしたいかは,まず好みのおおきさの短冊切りに,げそは開いて軟骨(これは串に刺して焼いて食べるとうまい)と吸盤をほうちょうで取り除きはすそぎきりにしますこれをタッパーなどの密閉容器にいれそこに肝をかわをやぶいていれます。これに塩(ボウルの中身(総重量)の5%くらい(減塩がよいひとは少なめにして下さい)みりん。醤油。酒を隠し味に少々(あまり入れすぎるとゆるくなってしまうので注意して下さい)これらをよくかきまぜて5日くらいで出来上がります。朝取れいかなどの新鮮なものはまぜた時からいただけます。(フレッシュ塩辛これは絶品です)

時間が無いのでポイントと人に教えたくない作り方は後程のお楽しみに!!このページに追記いたします。

おまたせいたしました。

ポイントは冷蔵庫に入れた塩辛は一日3~5回くらいかき混ぜて下さい。発酵してくるとあわが出てきますが問題はありません

教えたくない作り方・・・・イカの肝をあえるとき肝の3分の1をフライパン焼いて入れる(肝から脂が出てくるので油は使わないで下さい。柚子胡椒を一つまみ入れる。

 真イカは煮たり焼いたりして食べて。別にやりいかを購入してきてヤリいかを使う(やりいかはほとんどきもは入っていないので真いかの肝ををあえる)ようするに(やりいかの身+真いかの肝『3分1を焼いて生の肝と混ぜる』+柚子胡椒一つまみ=絶品塩辛)の出来上がりです。調理師生活30年誰にも教えてない絶品塩辛の作り方でした。

塩辛1.jpg塩辛2.jpg塩辛3.jpg塩辛4.jpg 塩辛5日め.jpg


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。